中学生を対象とする学習機関は,そのほとんどが「有名進学校の合格者数を増やす方向

へと益々加速しています。

 そのため,学力が低い子供達は,入塾テストで振り落とされる,入塾できても満足な指導

が受けられないなど,自分に適した勉強の場を失っているのが現状です。

 しかし,ここではその不安は忘れてください。 

 意識改革も含めて,軌道に乗るまでにはかなり時間がかかると思いまが,こちらが先にギ

ブアップすることはありません。

 みなさんは,休まずに出席することだけを実行してください。

 

  いろんなタイプの「勉強嫌い君」「勉強嫌いさん」に接してきましたので,少々のこと

では驚ませんし,もちろん,みなさんを「勉強ロボット」にするつもりもありません。

 安心して,生活態度・学習時間など,今の状態を何でも伝えてください。

 みなさんからの情報が多ければ多いほど,より早く軌道に乗せることが可能になりますし,勉強嫌いも少しずつ解消されます。

 特に中3生は,進路指導・志望校の選択など,より早く受験体制に入れます。

 面 接

 進 め 方

    最初から全教科をバランス良く進めるのは負担が大きいでしょうから,まずは,特に

大変な状態の教科と得点源になりそうな教科を中心に,無理のない範囲内で進めます。

 今までの復習と学校の今の授業内容とを並行して進められれば理想的ですが,復習

の方が必要でしょうから,そちらを中心にどこまででも戻ってやり直しましょう。

 「勉強は大キライ, したくない!  でも, 成績は気になる・・・。」

 そんな幼児のような考えでは, 自分から勉強することは無理でしょう。

 「勉強しなければ」が少しでも心に残っている間に,連絡してください。

 どこからでも復習します。

 集団授業ではありませんので,自分のペースでゆっくりと進みます。