小学5・6年生のみなさんへ     

 成績順位や受験を気にしなくてもよい,心の負担が少ない小学校時代に,伸び伸びと自由に,できれば粘り強く考える習慣を身につけてください。

 頭に詰め込んだものを取り出すだけの機械的な作業を繰り返す学習法は,時間と量が増え続ける一方ですから,やがて行き詰ってしまいます。

 間違えることはまったく気にしなくていいですから,1問をあれこれとよ~く考えて,いろんな方向から答を求めましょう。

 「早期学習」「先取り学習」は,一時的には学習意欲が芽生え効果もありますが,やがて有能な人達に追い越されると,その後は逆に学習意欲を失くしてしまう例も少なくありません。

 中学,高校へと進んで行くことを考えますと,今は,試験のテクニックなど,一時的に有効な目先の技術よりも,耐久性ある発想の豊かな思考力を養っておく方が優先だと思います。

中学生のみなさんへ     

 「勉強が苦手」「伸び悩んでいる」「進学校を目指している」,いろいろなタイプの人がいるでしょうが,個別指導ですから,時間割・教材は,各自の性格や学力に合わせて作成し,理解度を確認しながら,短時間で効率よく進めます。

 入塾に際しては,学力や学校内での成績基準は設定していませんので,現段階での成績は少々(かなり)悪くても,まったく問題はありません。

  教材の中に定期的に復習を組み込んでありますので,こちらから家庭学習と

   して宿題を課すことはありませんが,教材の復習だけは必ず実行しましょう。

  教材は自分専用の内容ですから,中学生はその復習だけで十分です。

12 生のみなさんへ    

 高校では,思うような成績が取れないのが普通ですから,学年順位ばかり気にしていると,自分の能力や勉強法に迷いが生じ,やがて自信も目的意識も失ってしまいます。

 みなさんは,学力競争のために高校に通っているのではありませんから,学校の授業に付いて行けなくても,周囲が自分より優秀であっても,学校は学校,人は人,自分は自分です。

 時には,大胆に開き直って心を開放し,まずは周囲に振り回されない自分のペースを確立しましょう。

 大学受験も,ランクや知名度にこだわり過ぎると,それが自分を苦しめることになります。

 「自分は何を学びたいのか」「どんな仕事に就きたいのか」を優先し,将来へとつながる学部を主体に考えることで,進路や進学の選択肢がかなり広がり,新たな目標もできます。 

 心をリセットし,マイペースで黙々と努力を継続すれば必ず結果は付いて来ますので,受験のことは安心して一任してください。

3 ・卒業生のみなさんへ    

 それなりに準備を進めて来た人は別として,残り1年間で希望の進路や大学へ合格するための学力を習得しようとする人は,相当な覚悟と自己管理が必要です。

 大学受験は,それほど難易度が高くない場合であっても,気まぐれな努力や中途半端な目的意識は通用しませんので,受験勉強一色の辛い一年間になると思いますが,すべては自分自身の夢と将来のためです。

 こちらも,みなさんの夢が叶うように全力でサポートしますので,生涯の想い出に残るほど頑張ってください。

 学習法,進路,その他,いろいろと不安がある人もいるでしょうが,年間を通して個々に指示を出しながら進めますので,安心して一任してください。

コース案内

 高校生は,学校の課外等の関係もありますので,週の回数・時間帯はフリーです。(個別指導ですから,毎日利用することも可能です)

 学校の予習や宿題も可能ですから,大いに利用してください。

 受験生にとって,規則正しい一定の生活リズムは,大切な要素です。

 週の回数・時間帯はフリーですから,家ではダレてしまう人は,出来る限り毎日利用してこちらで自分のペースを作ってください。

MAIL  Form

093  283  3880

▶      電話かメールでお問い合わせください。

      (直接来塾されてもかまいません)

▶   電話は,9:00 ~ 22:00 の時間帯でお願いします。

▶      ご都合のよい面接日を,あらかじめ決めておいてください。

            (メールの方はご記入ください) 

受   付

面   接

将来の夢(希望の進路・職業など)

苦手教科・単元(高校生は詳細に尋ねます)

日常の家庭学習(「まったくしない」など)

▶      学校での成績資料,模試の成績等は必要ありません。

▶   高校生は,ご家庭からの連絡があれば,一人でもかま

   いません。

                 (当日,下記の内容についてお尋ねします)